あそこのニオイが病気のサインかも

デリケートゾーンのニオイで悩む方はとても多いですが、デリケートゾーンだとどうしても
「主観」で判断しがちだと思います。

 

例えばワキのニオイはとても強いですし、口臭などは他人と話すときに気になるため
どちらかというと分かりやすいものなはずです。

 

しかし、自分以外のデリケートゾーンのニオイが気になることは、まず無いと思います。

 

これはあまり気にする必要ないという意味ではなく、デリケートゾーンがニオイを発するようになったら、
何らかの病気のサインの可能性があるということです。

 

なぜデリケートゾーンからニオイが出るのか

当然ですが、デリケートゾーンが臭うからと言って必ずしも病気だということではありません。
そもそもデリケートゾーンは通気性が悪く、ある程度の湿気と温度が長時間保たれるため
どうしても雑菌が繁殖しやすく、臭いやすい部分なためです。

 

雑菌には、雑菌がむやみに繁殖するのを防いでくれる善玉菌も存在しますので
雑菌をとにかく取り除くというのも考え物です。

 

言い換えれば、ある程度のニオイなら仕方ないと解釈するのも大切なのです。

 

しかし、ニオイは変化することもあります。

 

ニオイの変化

女性だとどうしても、生理のことなどがあるものです。
生理が近づくとおりものの量が増えるなど、特有の悩みは往々にしてあります。
同時に、ニオイがきつくなってきて困ることもあるはずです。

 

つまり、おりもののニオイ、粘り気や色などは、自分である程度把握しているはずですよね。

 

もし、おりものの感じがいつもと違い、違和感を感じたら、それは大問題です。
生理のタイミングがおかしい、全く違うと思ったら、婦人科系の病気が発生している可能性がありますので
すぐにでも病院に行ってみてください。

 

単なる嫌な体臭というレベルではなく、異臭、悪臭と感じるほどの場合には
子宮内膜炎、淋病、細菌性膣炎などが考えられます。

 

さらに、最悪のケースだと子宮頸がんを発症している可能性もあります。

 

また、おりものが急に、分かりやすく黄色になったり、緑色などに変化していれば
トリコモナスの可能性があります。

 

ニオイと同時に、おりものの様子もきちんと確認してみてください。
思わぬ病気を発見できる可能性があります。

 

デリケートゾーンにかゆみがある場合

匂いだけではなく、かゆみがあることも良くあります。
これはデリケートゾーンそのものに異常が起きているサインかもしれません。
例えば強いかゆみがある場合には、カンジダの疑いがあるなどです。

 

カンジダ膣炎は魚が腐ったような、生臭い独特のニオイがデリケートゾーンやおりものから
出ると言われています。

 

カンジダはもともとデリケートゾーンに常駐している雑菌の一種ですが
体の免疫が落ちると急激に繁殖し、悪影響を及ぼします。

 

そのため、睡眠と栄養を十分に免疫力をあげて見ると改善されます。
ただ、素人判断は危険ですし、個人差がありますので、一度お医者さんに診てもらうのがベストです。
おりもの 臭い