性病か否かの検査方法は?

大抵の性病では、まんこの異臭が付随してきます。
しかし異臭もそうですが、まんことその周囲のトラブルの全てが、
性病が起因であるとは言えません。

 

ちなみに性病とは、性的行動(主に性交)により見舞われるあらゆる病気の事です。
大抵は感染症です。

 

不安になったら性病テストを!

まんこの悪臭が、自分の性病の兆しである場合がよくあります。
重大な性病も存在しますから、心配な事があれば
まずは性病テストを行う事を推奨します。

 

性病テストの種別

「陥っているかもしれない性病」や「被テスト者の年代」や「体質・体調」などによって、
テストの手段が使い分けられています。

 

まず最もよく実行されているのは「尿テスト」です。
他の疾患のテストでも何かと重宝されている方法ですし、
学生さんも実行されているテストですから、
1度もした事がない人はほぼ存在しないと思います。

 

そして、尿テストと同程度によく実行されているのが「血液テスト」です。
血液をテストすれば、多種多様な感染症について調べられますから、
感染症が大半である性病のテストにかなり向いているのです。

 

また、他の非常に重要なテストとして「膣分泌液の成分テスト」というものが存在します。
性病に見舞われると、まんこに異常が起きて、当然膣分泌液にも異常が起きます。
ですから、膣分泌液の精査が性病の炙り出しに役立つのです。

 

どのテストで、どの性病が判明するのか

まず尿テストに関してですが、性病に見舞われるとほぼ間違いなく、
尿に病原体が含有される事になります。
ですから、尿テストは性病テストの基本と言えるのかもしれませんね。

 

ちなみに性病には該当しませんが、腎害、尿素窒素、
クレアニチンなどに関してもテストする事が可能です。

 

そして膣分泌液の成分テストでは、淋病、カンジタ膣炎、
トリコモナスなどに関する検査ができます。
ちなみに、これらの性病の共通点は「感染者数が性病の中でトップクラス」という事です。

 

そして、もっと重い性病かもしれないというケースでは、
血液テストが外せなくなる事もあり得ます。

 

血液テストでは、HIV、B・C型肝炎ウイルス、梅毒などの、
菌やウイルスに侵されているかどうかが、分かります。

 

また、性器やその周辺を舐めるような性行為を実行した事がある人は、
喉に異常が起きるケースもあります。

 

ですから、この際は喉に関するテストを行います。
うがいを実行した水に、淋病の菌やクラミジア菌が含まれているかどうかを調べます。

 

ちなみに、男の人の性器カンジタ症のテストとして
「陰茎擦過物テスト」が実行されるパターンもあります。

 

性病テストはどこで受けられる?

性病テストが特殊なものであるように感じたかもしれませんが、
実際には、大抵の保健所か病院で性病テストを施してもらう事が可能です。

 

性病テストという性質上「後にも先にも性病テストでしか利用しない」
ような医療機関を探すと心情的に楽かもしれませんね。

 

大抵のケースで健康保険の対象となりますが、一般的な医療費は掛かります。

 

また、症状が生じていないタイミングでテストするケースでは、
健康保険が適応されない場合もあるので、注意しましょう。

 

そして主に保健所ですが、性病テストの受付時間が意外と短いです。
現に、ほとんどの保健所では、性病テストは
「土日祝日以外の昼間のみ」に実行しているという状況です。

 

性病による死亡例も決して少なくはありません。
色々な事情はあるかもしれませんが「するか否か迷ったら、とにかくテストする」
ぐらいの気持ちでいた方が良いと思います。
陰部の臭い 対策