おりものが臭い女性はコノ対策

おりものはどんな臭いがするのかと気になりますが、ここでおりものと臭いの関係を見てみましょう。

 

おりものは正常であればそれほど臭わない

おりものと女性ホルモンである卵胞ホルモンは密接な関係があるので、
特に生理になる頃におりものの量が増え、同時に臭いがやや強くなることがあります。
しかしこれは正常な状態ですからおりものの量と臭いを気にしなくてもいいのです。
問題はおりものの臭いがおかしくなり、異臭になる時で、
この場合は何らかの原因があります。

 

 

おりものの臭いとデーデルライン桿菌の減少

おりものの臭いはデーデルライン桿菌と関係があります。
通常の場合、膣内にいるデーデルライン桿菌が膣に侵入しようとする雑菌を防ぎます。

 

その場合、デーデルライン桿菌には臭いはほとんどありませんから、
おりものが臭うのはこの善玉菌が持つ乳酸菌のような甘酸っぱい臭いです。
しかしストレスや抗生物質などでデーデルライン桿菌が減少すると、
外からの雑菌が膣内に増えて、それがおりものの異臭になります。

 

 

おりものの臭いと石鹸やビデとの関係

おりものが臭うのは主に膣内のデーデルライン桿菌が
雑菌の繁殖を抑えることができないからです。
膣内のデーデルライン桿菌が減少すると、雑菌が増えて、
増えた雑菌が膣周辺のカスや汗のたんぱく質や脂質などでさらに増えます。

 

そこで雑菌を除去するために膣を含むデリケートゾーンを石鹸などで洗います。
ところが石鹸できれいに洗い過ぎると、雑菌を除去するのはいいのですが、
ついでに肝腎のデーデルライン桿菌も除去してしまいます。

 

そうなると膣内が無防備な状態になるので、雑菌がすぐに増えだしてしまい、
おりものが異臭を発するようになってしまいます。
なお、ビデで頻繁に膣内を洗うと同じようなことが起こります。

 

 

おりものの臭いと病気との関係

膣の病気はたくさんありますが、特におりものの臭いが異常になる病気がいくつかあり、
大概はおりものの色も異常になり、痒くなったりしますから、おりものの臭いが変で、
色もおかしいという時はすぐに婦人科で診察を受けましょう。